【カメラ】Sony フルサイズミラーレスα9/α7III/α7RIIIの小指あまり問題とZ7、EOS R、D850とのグリップ比較

Sonyのα9、α7シリーズを使っている人、使おうとしている人の多くが直面する「小指あまり問題」。ボディの小型軽量化の代償としてグリップ部が短くなり、小指がグリップからはみ出てしっかり握れない=カメラが不安定という問題です。
特にCanon、Nikonなどのレフ機の使用経験がある人はSonyフルサイズミラーレスのグリップに頼りなさを感じることが多いようです。

これはフルサイズミラーレスの宿命かと思っていたら、2018年から相次いで発売されたCanon EOS R、Nikon Zシリーズはミラーレスなのにグリップの評判が良いんですよね。
そこで各社ミラーレス代表としてSony α9とNikon Z7、Canon EOS R、レフ機代表としてNikon D850のグリップの長さ(中指がかかるところ~カメラ底部)を画像で比較してみました。

グリップ長の比較

機種 タイプ カメラ高さ グリップ vs α9
Sony α9 ミラーレス 95.6mm 54mm
Nikon Z7 ミラーレス 100.5mm 59mm +5mm
Canon EOS R ミラーレス 98.3mm 65mm +11mm
Nikon D850 レフ機 124mm 69mm +15mm

こうしてみると結構差がありますね。
D850→α9ではグリップ可能範囲が15mm(およそ指一本分)も減るわけで、これは違和感ありありでしょう。
ミラーレスではCanon EOS Rが流石のデザインです。全体の高さは抑えつつレフ機に迫るグリップの長さ、グリップとマウントのクリアランスも十分あるため太いレンズを装着しても指が窮屈になることがなさそうです。

α9の小指あまり対策

とはいえ私のメイン用途である子供撮りには、アホみたいな連写と瞳AF-Cの食いつき、高感度耐性に優れるα9が現時点ではベストマッチなので、こいつの小指あまり問題を何とかする必要があります。

ソリューションとしては以下の3つ

左から
1. 縦位置グリップ(VG-C3EM)
2. グリップエクステンション(GP-X1EM)
3. 自作グリップエクステンション

1. 縦位置グリップ(VG-C3EM)


グリップを約20mm延長します。
高い(3万円)、デカい、重い(272g)、着脱が面倒、と四重苦なので、縦位置を頻繁に使うケース以外は必要ないと思います。私もこいつの出番は年に1~2回しかありません。

2. グリップエクステンション(GP-X1EM)


グリップを約20mm延長します。
お値段そこそこ(1万円)重さもそこそこ(73g)なので、純正でグリップ延長を考えるならこちらでしょう。ただ机などに置く時に激しく斜めになることと三脚穴が潰れること、VG-C3EMより軽いとはいえそれなりに重量増があることがデメリットでしょうか。3.の自作グリップを作ってからは倉庫行きになりました。

3. 自作グリップエクステンション


グリップを11mm延長します。(EOS Rと同じ65mmになる)
GP-X1EMの不満点を解消する目的で作りました。軽量コンパクト(15g)で三脚穴も使え、机に置く場合も斜めになりにくいです。デメリットは純正でないこと、見た目ぐらいでしょうか。

まとめ

ぶっちゃけEOS Rのグリップはうらやましいです。
Sonyの小指あまり問題は昔からずっと言われているのでこのグリップ形状には何か理由があるのかもしれませんが、シェア争奪戦的にはかなり損をしていると思います。将来の機種で改善されることを期待します。
まぁα9の唯一の不満点である小指あまり問題が解決されちゃったので次機種を買うかどうかはわかりませんが、、、

・α7III/α7RIII/α9対応版

・α7II/α7RII/α7SII対応版

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA