【DIY】天然大理石・人工大理石を手でピカピカに磨く(研磨)

天然大理石や人工大理石の傷・汚れ・黄ばみを除去し、手でピカピカに磨き上げる方法をご紹介します。

人工大理石を手で磨く

今回磨くのは、玄関床やキッチンに良く使われる人工大理石です。ヤスリで表面を傷付けて光沢を無くしたあと、油性ペンでシミを書いています。天然大理石も基本的な磨き方は同じですので、本記事を参考にしてください。
01_000

必要な道具

1.大理石用ダイヤモンドハンド研磨パッド


2.その他

・雑巾、養生テープ、ペットボトル

磨き方

1.まず、研磨面の砂やゴミなど水拭きで綺麗に掃除します。
handpad_01

2.#400の研磨パッドを用意します。
handpad_03

3.磨く面に水を垂らします。(1平米あたり200mlが目安です)
handpad_02

4.上から押さえながら磨いていきます。10cm角の範囲で1分が目安です。
磨き跡が均一になるよう、縦、横など色々な方向で磨きます。前半は力強く、後半はやさしく磨くと仕上がりが綺麗になります。
handpad_04

5.磨き終えたら、研ぎ汁を雑巾で完全に拭きとり、ドライヤーで乾かします。
研磨面を光で照らし、磨きムラをチェックします。磨きムラを発見した場合、同じパッドでもう一度磨いてください。
handpad_05

6.次のパットを用意し、3.に戻ります。
人工大理石は#400→#800→#1800→#3500の順に、
天然大理石は#400→#800→#1800→#3500→#7000の順に磨きます。
最後のパッド磨いたら終わりです。

ビフォアアフター

・人工大理石
02_00003_80004_180005_3500

・天然大理石
06_00008_80009_180010_350011_7000

手磨きのコツ・注意点

目立たない場所で練習をする

初めにパッド大程度の小さな範囲で磨く練習をすると、力の入れ方、磨く時間、各パッドごとの仕上がりなどが身に付き、広い面を磨く際に効率よく磨くことができます。※深い層まで到達している傷や汚れは薄くはなりますが完全に除去しきれないこともあります。


研ぎ汁は毎回完全に拭き取る

上手く磨けない原因の殆どが研ぎ汁の拭き残しです。研ぎ汁にはダイヤモンドや大理石の粉が含まれるため、次のパッドで磨く前に、必ず手で触ってザラザラしなくなるまで研ぎ汁を完全除去してください。また雑巾は使うたびに洗う必要があるので枚数があったほうが良いと思います。どうも上手く磨けないなと思ったら、全てのパッドをワイヤーブラシ(100均のもので十分です)で綺麗に掃除してみてください。


色々な方向から磨く

自動的に様々な方向から磨いてくれる電動工具(ランダムサンダー)と比較すると、手磨きはどうしても磨いた跡が残りやすいです。磨く際に縦・横・斜めと様々な方向から磨くと、磨き跡が残りにくくなります。なお円を描くのは仕上がりが悪くなりやすいので避けたほうが無難です。

あとがき

最後までご覧頂き有難うございます。

天然大理石や人工大理石は、普段から気をつけて使っていてもちょっとしたことで傷や汚れがついてしまうもの。そんなとき、気軽に磨けるダイヤモンドハンド研磨パッドがあると心強いかもしれません。

床一面など広範囲を磨く場合は電動工具を使った本格的な研磨がおすすめです。
【DIY】大理石を自分でピカピカに磨く方法(研磨)
【DIY】人工大理石を自分で磨いてみた(研磨)

分からないことがある方は、お気軽にコメントどうぞ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA