【カメラ】Insta360 Go 超小型軽量アクションカメラをGoProマウントする方法

Insta360から発売された超小型軽量アクションカメラInsta360 Goを購入しました。
このカメラ、発売から2か月経った2019/10/28時点でもかなりの品薄のようで、私も入手するまで苦労しました。

9/20 Amazonで注文(この時点で9/25~28お届け予定)
9/28 Amazonから入荷未定の連絡(お届け予定が「未定」へ)
10/4 Amazonに問い合わせ、入荷予定見通し立たずキャンセル
10/4 公式サイトで注文(10~15営業日で発送予定)
10/14 発送
10/19 到着

いわゆるkonozamaってやつです。Amazonで人気商品かつPrimeじゃないのはリスクあり、と。とはいえビックやヨドバシも9/20時点で既に入荷時期未定だったので、Amazonの仕入れ能力の問題というよりはお届け予定管理がテキトーだということでしょうけど。

Osmo Mobile2(スマホ込み633g)からOsmo Pocket(116g)の時も思ったんですが、ガジェットは「軽さ=正義」ですね。Insta360 Goは単体で18.3g、充電ケース込みでも65gと圧倒的な軽さです。もちろん画質は最新スマホやOsmo Pocketには敵いませんが、小さくて軽くて可動部(ジンバル)を気にする必要がないので持ち出す機会が格段に増えました。アプリのAI編集も粗削りなところがあるもののなかなか優秀で、手軽に(大事!)面白い動画を残すことができるのは本当に助かります。 

これだけ軽いとドローンやペットなどへの装着も想定されていると思うのですが、なぜか純正アクセサリにGoProマウント用がないんですよね。純正の三脚スタンドとサードパーティの三脚⇔GoProマウントアダプターを使えばいいんでしょうけど、合計22gとそれなりに重くなるのと、アームが長くなる=揺れや傾きの影響を受けやすくなるので本当は直付けがベストなんです。

という事でInsta360 Go用のGoProマウントアダプターを作りました。

特徴

・純正の三脚スタンドと同じく磁石内蔵なので着脱が容易で簡単には落ちない
・小型軽量(7~9g)
・マウントにはめた状態でロゴマーク付近を押すとスイッチをクリックすることが可能
・逆さにはめてもいいように上下にマイク穴あり

基本自分が使いやすいように作りましたが、今後要望があれば改良するかもしれません。
ご要望、ご質問などありましたらコメント欄からお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA