【DIY】大理石を自分でピカピカに磨く方法(研磨)

光沢を失ってしまった玄関などの大理石を、自分で磨いてピカピカにする方法を紹介します。

0_研磨前_拡大あり 8_研磨後_拡大あり

大理石は傷つきやすい

石=丈夫というイメージに反して、大理石は比較的やわらかい石材のため、普通に生活しているだけで表面に傷がつき徐々に光沢が失われていきます。入居当初はピカピカだった筆者宅の玄関も、入居3年ですっかり艶がなくなり、傷に泥汚れがしみ込んでうっすら黄ばんだ状態になってしまいました。

この状態になると、どんなに綺麗に掃除しても新築の頃の光沢や白さは戻ってきません。

なんとかあの日の光沢を取り戻したい…と調べてみると、どうやら大理石の艶出しには『研磨』という作業が必要で、プロに研磨をお願いすると1回3~4万円と、定期的なクリーニング費用としてはかなり痛い金額です。自分で磨く方法をネットで調べてみましたが、工具が7万円と、元を取るまで何年もかかる計算でした(´・ω・`)
そこで、ここでは初心者でも安く簡単に、大理石をピカピカに磨く方法をご紹介します。初期費用が1.5~2万円ほどかかりますが、気が向いたときに何回でも磨くことができるので、大理石を常に新築時の状態に保つことができます。

研磨で光沢が蘇る仕組み

生活傷により表面がデコボコとなった大理石は、すりガラスのように光を乱反射している状態です。
50_kizu

まずダイヤモンド研磨パッド(ヤスリのようなもの)で生活傷を丸ごと削り取ります。削る量は10分の1ミリ以下なので、大理石が無くなってしまうことはありません。
51_arame

次に少しだけダイヤモンドの粒が小さいパッドを使って前回の磨き傷(デコボコ)を小さくします。これを繰り返して大理石の表面を徐々に平面に近づけていきます。
52_chume

最後に、最も粒が小さいパッドで表面を真っ平らに仕上げると、鏡のような光沢が得られる、というわけです。
53_hosome

必要な道具

1.電動工具

または

2.大理石用ダイヤモンド研磨パッド


3.その他

・雑巾、養生テープ、ペットボトル

大理石の磨き方

1.まず、砂などが残らないよう床を綺麗に水拭きします。

2.養生テープを貼り、研ぎ汁の飛散から周囲をガードします。

1_養生

3.電動工具の速度を1(最低)に設定し、研磨パッドを取り付けます。

通常はパッドの目が粗い順に#800→#1500→#3000→#6000→#10000と磨いていきますが、傷や汚れが気になる場合は#400から始めてください。パッドは裏面がマジックテープになっているので簡単に取り外しが可能です。

取り付け

4.ペットボトルで床に水を撒きます。(1平米あたり300mlが目安です)

5.スイッチを入れ、上から軽く押さえながら磨いていきます。

30cm角のタイル一枚あたり、縦に5往復、横に5往復を2セットぐらいが目安です。

研磨方法

6.全面が磨けたら、手で触ってザラザラしなくなるまで雑巾でよく拭いてドライヤーで乾かします。光を照らしてみて磨きムラを発見した場合、同じパッドでもう一度磨いてください。

7.次のパットを取り付け、4.に戻ります。#10000まで磨いたら終わりです。

ビフォアアフター

玄関

0_研磨前_拡大あり 8_研磨後_拡大あり

キッチン

31_キッチン研磨前 32_キッチン研磨後

大理石研磨のコツ

研ぎ汁は毎回完全に拭き取る

上手く磨けない原因の殆どが研ぎ汁の拭き残しです。研ぎ汁にはダイヤモンドや大理石の粉が含まれるため、次のパッドで磨く前に、必ず手で触ってザラザラしなくなるまで研ぎ汁を完全除去してください。また雑巾は使うたびに洗う必要があるので枚数があったほうが良いと思います。どうも上手く磨けないなーと思ったら、全てのパッドをワイヤーブラシ(100均で売ってます)で綺麗に掃除してみてください。

前回の研ぎ汁が残っていたりパッドに付着していたりすると・・・
54_chumeNG

いつまで経ってもデコボコのままで光沢はでません(´・ω・`)
55_hosomeNG

ランダムサンダーを使う

上で紹介したのはランダムサンダーといって、回転+振動の二つのアクションが特徴の電動工具です。磨く力が強すぎずムラが出にくいため、初心者に向いています。一方、石材研磨の高価な専用工具によく似たディスクグラインダーという工具がありますが、正直オススメできません。実際に使った感想ですが、回転のみのため磨きムラが出来やすく、また水切れも起こしやすいため、うっかりするとパッドがコゲます。研磨のプロなら技量でカバーもできるかもしれませんが、初心者は避けた方が無難です。

ちゃんとしたパッドを使う

ちまたの輸入格安パッドは偽物や粗悪品が多いです。全く使いものにならないものから、磨けているようで最後まで光沢が出ないもの、異常に減りが早いものなど。。。逆にちゃんとしたパッドを使うと初心者でも驚くほど綺麗に仕上がります。
↓ゴミの山↓
41_無駄パッド

あとがき

道具と時間さえあれば、素人でも大理石をピカピカにできることが分かりました。ちなみに玄関を磨くのに3時間、キッチンには4時間かかりましたが、徐々にピカピカになっていく床を見ながら楽しく作業が出来ました。研磨パッドは玄関とキッチンを磨いても全く減っておらず、10回以上は使えるんじゃないかと思います。興味のある方はチャレンジしてみてください。

電動工具が苦手な方はこちら
【DIY】天然大理石・人工大理石を手でピカピカに磨く(研磨)

分からないことがある方は、お気軽にコメントどうぞ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA